月の花

だらだら日記。 趣味やら日々の出来事やらを、そこはかとなく綴ろうかと思ってます。 タイトルは趣味より(笑)

Tuesday, August 29, 2006

おやぢは頑張ってるんだゾ

昨日は秋のイベントの実行委員会でした。
酒造家さん、酒屋の旦那様がたを交えて、あーでもないこーでもない、いやまた戻るけど・・・じゃ、これも変えないと・・・なーんてみっちり3時間。頑張りました。
内容はまだ要検討の部分がありますが、決まったらコレ見ている方、告知協力お願いします。
島国在住のお酒好きの方に紹介して(切実)。お願い。

ま、置いといて。
そんなこんなでタイトル「おやぢは頑張ってるんだゾ」
この業界は、一種伝統芸能と同じです。
いろいろ業界特有の決まりとか流れとかあって、一言で言うと・・・「外から入れねーよ!」
な、感じデス。
そんな中で後継者不足が深刻。
最近儲からないし。休みのない仕事だし。夜の飲みだって仕事だから、On,Offの切り替えも難しい。全国飛び回ってるから母ちゃんは角出すし? なんてのが、この業界で頑張ってる父ちゃん世代の笑い話デス。
でも、だからこそ、この仕事残していくためには、しんどかろーが、辛かろーが、上手くいかなかろーが、「親父」は何か「楽しそう」にしてないとダメなんだって。
文句言っても楽しそう、何かやりがいがありそうな背中を見せる必要があるんだって。
そうしなきゃ跡継いでなんてくれないよ・・・とは酒造家さんのお話。
でもそれだけじゃ足りないから。何か儲かる方法考えたり、新しい組合や技術会造ったり、お店改造したり・・・と受け皿作りもして、この特有の流れの中で常に環境を整えていかないいけないんだ・・・とは酒屋さんのお話。
業界の片隅で働いていて、感じる「難しさ」。その只中にいる人達は「背中で語る親父」であり続けてるんですねぇ。
父の背中を見て育つ・・・。最近薄くなったその言葉も。
この古い業界にはまだまだ生きてます。
イイところもあるのだから、新しい流れも育てて、同じ業界(日本酒業界)での足の引っ張り合いを無くしたいデスね。
・・・とくにドコかの県。トップ3社の責任者が絶対顔合せないって。
大笑いだけど、それでイイのかと本当に不安になるヨ。

今日は真面目な話でした。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home